プロの仕事

避雷針設備を取り扱っている専門家について

日本では、建築基準法により、一定規模の建築物には、避雷針設備を設置することが必要になります。避雷針設備の設置に関することは、避雷針工事会社に相談することができます。 ビルやマンションの建設会社は、避雷針工事会社と業務提携をしています。建設会社に頼むと、避雷針工事会社を紹介してもらえます。避雷針工事会社は、避雷針設備の専門業者です。 避雷針工事会社には、電気工事士の国家資格を取得しているスタッフが在籍しています。電気工事士は、電気工事に関する専門家で、落雷のメカニズムについても精通しています。 避雷針設備の設置工事は、電気工事士の有資格者が行います。専門家が避雷針工事を担当しますので、万全の落雷対策を施すことが可能です。

避雷針の種類について

避雷針は、電柱などにも設置されています。電柱への避雷針の設置は、電気を供給している電力会社が行います。電柱に避雷針を設置することにより、一般の住宅に雷が落ちるのを防ぐことができます。 落雷の多い地域では、一般住宅にも避雷針設備が設置しています。一般住宅に落雷があった場合には、避雷針が電気を誘導しますので、家庭内の電気機器を落雷から守ることができます。 建築基準法の規定により、20メートルの高さを超えるビルやマンションには、避雷針設備の設置が必要になります。ビルやマンションの避雷針設備は、建物の屋上に設置される場合が多いです。 いずれの避雷針設備も、電源は必要とせず、地面への導通だけが必要になります。避雷針に落ちた雷は地面に誘導されますので、建物に損傷を与えることはありません。