どのようなものか

メガソーラーを設置することにより、より便利に安心して電力をまかなうことができます。基本的にメガソーラーについて詳しく確認してどこに設置すると良いのか覚えておくと良いでしょう。

身近な工事

コンクリート工事は様々な部分で行なわれており、日頃の生活に密着したとても重要な工事なのです。そんなコンクリート工事について詳しく把握しておくことで、どのような場面で行なうと良いのかわかります。

プロの仕事

日本の建築法では、高い建物には避雷針を設置する必要があります。そのため、避雷針設置業者が建物を建設するときには力を発揮することになり、その仕事はどのようなものなのか紹介しましょう。

長期間の工事

様々な業種が参画する一大プロジェクト

国の太陽光発電の買い取り制度により個人の家や企業でソーラーパネルの設置が多くなり、自ら消費する電気は自分で作る人や企業が増えてきました。大企業が設営する太陽光発電の設備をメガソーラーといい、その設置をするため設置場所では様々な業種の企業が参入し雇用に大きな貢献をしています。設置場所の調査、選定から始まり整地、パネルを設置する架台の作成またそれに連なる作業、パネルの設置作業から、配電設備の製造設置作業等メガソーラーは規模が大きくなればなるほど、それに参入する企業が多くなりその作業に携わる人も多くなるのでいろいろな人の雇用を創出する一大プロジェクトです。また設置された後も発電に携わる人や、管理作業をする人の雇用創出など雇用に対しても大きな貢献をしています。

長期の工事期間を要するプロジェクト

メガソーラーは設置する場所が広大になればなるほど、長い間の工事期間が必要となりその時間は、一年や二年設置にかかる工事もあります。また太陽光発電の性質上、太陽光量の多い場所が選定されます。そのため夏場の作業では日陰の一つもない場所での作業となり、気温が30度を超える日などの作業は過酷を極めます。熱中症などで倒れる作業員もいます。またパネルは常時発電しているため自然現象の雷に、あたってしまうこともあります。雷にあたったパネルに作業員が接触して感電することもあります。広大な土地のため災難にあった作業員の発見も遅くなりがちになり命取りになることもままならずあります。メガソーラーは大きな雇用の創出とともに、その作業には常時危険が付きまといます。メガソーラーの設置に携わる人は気温や自然現象によく注意し最悪危険な状態の自然現象が来ると判断したら、思い切って作業を中止にするぐらいの思い切った判断が必要です。